第60回講演会のYouTube配信開始

第60回女性鍼灸師フォーラム学習会のYouTube配信を灸にちなんで

29日きゅうじ(9時から)閲覧可能となります。

テーマは、灸の臨床応用ー

現代における灸の利用、コロナ後遺症の方へも対応できるように努めていきましょう。

お問合せは、womf@nifty.com

第60回学習会開催のご挨拶

第60回女性鍼灸師フォーラム学習会 学習会開催についての案内および講師紹介

女性鍼灸師フォーラムの学習会に参加いただきましてありがとうございます。

当日の講演時間は限られているため、講師の紹介とともに、開催のお知らせをさせていただきます。

当会の活動の一つに、お灸キャラバンの活動があります。

日本のもぐさを守るという主旨で、お灸キャラバンの活動を行っています。

お灸は、日本の文化です。日本のもぐさは、人類の宝です。

もぐさを用いた灸を、

自分自身の健康のために行いたいと考える人には、お灸が健康のために役立つものであることを伝え、利用できるように、習う必要があります。お灸の良さを伝える人、施灸の方法を教える人、そして灸で治療する人が必要です。お灸を据える灸師が増えて欲しいと願っています。

地域に役立つ医療を模索して始められた愛媛県立中央病院の「灸療による健康づくり事業」から学び、お灸が安全に普及し、私達が臨床に灸を活かすためにも山岡先生のお話をお聞きしたいと思いました。

というのは、全日本鍼灸学会の「お灸の今、現在、未来を語る」シンポジウムで、シンポジストの形井秀一先生から、愛媛県立中央病院の灸療法普及の活動の取り組みとその内容の一部が紹介されました。

そのお話は、普及のための5年間の間に

・お灸による健康づくり講演会11回、

・施灸ボランティアの育成講座48回

・健康相談および施灸指導を48回、行われたそうです。

継続は力なり!ですが、その中身は、直接灸と有害事象発生時の対処法の指導だったということです。

さらに、有害事象が発生していない、理由について

1.皮膚の状態

2.基礎疾患の有無、

3.ケロイド体質の確認

4.ステロイドなどの服薬の確認

5.患者さんの技量と親和性の確認

6.自宅施灸開始のタイミング

を考慮されたようです。

これについても、もう一度確認しながら施灸をする必要があると、私自身も思った次第です。

また、鍼灸師自身がお灸の醍醐味を実感し、お灸の適応を患者さんに伝えることも大切ということでした。

今後、私達が灸療法を行っていくためにも、地域医療の中心を担っている医師との協力が必要です。今回、灸への熱い思いと灸師へのアドバイスを、医師から語っていただきます。

皆様の灸治療の領域を広げ、一般の方にも灸の良さを伝えて欲しい、その願いがあり、灸への思いと、臨床で活用している愛媛県立中央病院の山岡傅一郎先生を講師にお招きしました。

山岡傅一郎先生の紹介

愛媛県立中央病院 漢方内科医

漢方内科主任部長、地域医療キャリア形成支援センター副センター長、

鍼灸治療室長

漢方・鍼灸全般、総合診療

日本内科学会認定内科医

日本東洋医学会漢方専門医、指導医

日本病院総合診療医学会認定医、特任指導医

 

救急時にも、鍼、灸、刺絡、漢方薬も用いて患者さんに対応しているお医者さんです。

鍼灸界においては、第66回全日本鍼灸学会学術大会(会場:東京大学)にて、せんねん灸のランチョンセミナーが開催され、【鍼<灸真髄】の講演を行っています。「日本だけではなく世界のために。医療のために、人類のために。お灸はもっともっと広がってほしい。」と、講演要旨がPDFで「せんねん灸の医療従事者専用サイト」に掲載されています。ぜひご覧になってください。では、お話を楽しみにお待ちください。

女性鍼灸師フォーラム 代表 辻内敬子

なお、当日は、不手際等により参加者の皆様にはご迷惑をおかけする事があると思いますが、ご了承の上ご参加頂けますよう、重ねてお願い申し上げます。

当日にWEBセミナーに入室できない場合でも後日、視聴ができますのでご安心ください。視聴アドレスは、1週間程度で送信させていただきます。

次回案内

2021年12月 冷え症女性に対するお灸の効果の研究報告会 詳細はホームページ学習会案内にてお知らせします。

女性鍼灸師フォーラム第60回学習会参加受付開始のご案内

女性鍼灸師フォーラム第60回学習会参加受付開始しました。

テーマは、お灸です。

お灸の臨床応用について、お話していただく先生は、

山岡傅一郎先生(漢方、内科、総合診療、鍼灸治療)を行っているドクターです。

既にご存じの方が多いと思いますが、

愛媛県立中央病院のドクターです。

テーマ、タイトル、内容については後日、充実して書き込みます。

学習会は、ZOOMセミナーとなります。

日時:2021年9月27日(月)午後6時~8時

後日アーカイブ配信を行います。

2021年女性鍼灸師フォーラム会員参加費2750円

周産期ケア講座(横浜・福岡・大阪・新潟)参加者3300円

学生参加費2200円

一般参加費4200円

ショップ・女性鍼灸師フォーラム (thebase.in)

こちらからお振り込みをお願いします.

 

第59回女性鍼灸師フォーラム学習会終了し再視聴中です

2021年4月10日(土)に内田さえ先生を講師として、

第59回女性鍼灸師フォーラム学習会

ー女性の健康を維持するホルモンの最新研究ー

オンラインにて行い、無事終了しました。

現在は参加者が再視聴中です。

次回第60回は9月頃に予定しています。

不妊から妊娠・出産・産後、更年期と女性の健康について学習を行ってきている当会の特徴を活かしていきたいと思います。またご案内をしていきます。

お楽しみに。

第59回女性鍼灸師フォーラム学習会の視聴開始しました

第59回女性鍼灸師フォーラム学習会の視聴が開始しました。

内田さえ先生は、

女性の健康支援の基礎研究を卵巣ホルモン分泌からお話してくださいました。

難しい話を分かりやすく解説してくださっています。

思春期から成熟期、更年期と続く時期、それぞれエストロゲンが関係しています。

ストレスの影響は、卵巣ホルモン分泌を抑制します。

鍼灸が果たす役割は多そうです。

 

女性鍼灸師フォーラム主催 周産期ケアの鍼灸治療 基礎講座開催します

女性鍼灸師フォーラム主催の鍼灸師のための周産期ケア講座「基礎の基礎編」WEBセミナーを開催します。現在準備中です。

現在準備中です。参加できなかった方、復習希望の方、ウェブセミナーですので、日本どこからでも参加できます。誠意準備中です。

自宅から好きな時間に参加できるセミナーです。講義で学びを深めましょう。

開始時期は5月以降の予定です。

2021年妊娠期の鍼灸治療実技セミナー申し込み受け付け開始

本講座では産婦人科領域を診られる治療家になりたいと思う方を対象に、妊娠期特有の身体的変化や治療に際しての注意点など、臨床に活かせる知識と治療テクニックを学びます。実際に私たちが知っておかなければならない西洋医学の治療など
の知識、見逃してはならない徴候などについて学ぶ機会を設けました。患者様の信頼を得て、病院との連携を取りながらケアにあたるために症例検討や実技研修を重ねつつ、自信を持って妊婦さんの治療ができるようにサポートします。

全8回です。日程は第3日曜日を予定していますが変更もあります。8月お休み等

2021年4月~12月までを予定しています。詳細をご希望の方は事務局までメールをお願いします。

第58回学習会参加の締め切り日程のご案内

2021年2月4日午後6時~7時40分のWEBセミナーの

申し込み締め切りの日時をご案内します。

web参加者は1月30日申し込み払い込み修了者とします。

それ以降に振り込みされた方は、後日ご案内する登録者限定の視聴をお願いします。

払い込みを1月31日までに終了された方は、参加アドレスを前日にお送りします。

お振込みは女性鍼灸師フォーラム ショップにてお願いします。

女性鍼灸師フォーラム主催にて周産期ケア基礎講座を開催します

2021年度の女性鍼灸師フォーラムの予定です

周産期ケア基礎講座を開催します。

横浜、福岡、大阪、新潟で開催してきました「周産期ケア基礎講座」を

WEB版でお届けします。

募集は4月から行います。

妊娠期鍼灸治療実技セミナーは別途募集しております。

 

2021年女性鍼灸師フォーラム案内を送付しました

女性鍼灸師フォーラムから2021年学習会案内を送付しました。

年間学習会予定は

2021年 2月4日 第58回 更年期の最新治療と鍼灸師が連携をする際の注意点

2021年 4月11日 第59回 子宮と自律神経(予定)

2021年 9月頃  第60回 妊娠期の鍼灸治療(予定)

女性鍼灸師フォーラム年会費は3800円(学習会割引と講演録冊子1冊)を送付します。

講演録は、「東洋医学における皮膚への軽擦タッチ」の意味について語ってくださった矢野忠先生の講演です。

東洋医学をわかりやすく説明する際に役立つ1冊となります。

2021年年会費の期間は

2021年1月~12月となります。